これからの時期が最も美味しい蟹。

これからの時期が最も美味しい蟹。
旬の蟹を最も楽しめる食べ方は、蟹本来の旨みを凝縮した、塩茹でか蟹鍋です。
これまでに色々な調理法で蟹を食べてきましたが、間違いなくそう思います。
中には、蟹しゃぶや蟹刺しを推す人もいるかもしれませんが、漁港の専門店で食べるような例外を除き、鮮度が落ちるので味は微妙です。
しかし、蟹鍋や茹で蟹の場合はそうした制限はなく、鮮度の劣る蟹であっても旨みが損なわれません。
そのままの味が好みに合わなくても、醤油や土佐酢といった付けダレに手を加えれば、たちまち美味しくなります。
蟹の名産地といえば全国にいくつかありますが、代表的なのは、やはり北海道でしょう。
色々な種類の蟹が日々水揚げされている北海道。
品種によって多少の差はあれど、総合評価でなら、ダントツで北海道が一番でしょう。
しかし、実際に北海道に行ってみると、輸入品の蟹が道内で販売されていることも少なくないようです。
ネット通販が全盛の現代では、蟹通販を利用すれば自宅で待っているだけで、新鮮な蟹が届きます。
ですが、通販で蟹を売っている業者のサイトは増えてきましたから、どれを選んだらいいか分からない人も多いかもしれません。
ネット上ではいくつか人気ランキングが載っていますから、これを見るとどんな業者が人気なのか、容易に把握できます。
業者の選択に困ったときは、ひとまずランキング上位のところの売れ筋商品であれば、ほぼ間違いはないと言ってよいでしょう。
先日どうしても食べたくなってかにを通販で頼みました。
お取り寄せには適した品物ってあると思うんですよね。
ただ遠いからというだけでない理由で、かにはお取り寄せ最適品なんです。
一度にたくさん買えること、それが一番のメリットです。
一度でも持ち帰ったことがあれば実感できますね。
何人分でも大丈夫です。
何キロでも好きなだけ買うことができますし、日本の宅配便は正確さ安全性にかけては世界一だと思います。
どんな荷物でも自宅の玄関まで日時まで指定したとおりに持ってきてくれるのです。
お店から家まで運ぶのに比べたら楽なものですね。
後は冷蔵庫に入れるだけです。
鮮度と最高の味わい、直送されることでいつでも手軽に手に入れることができるようになったかにをレストランに出かけることなく家で美味しく頂けるのも通販ならではのメリットでしょう。
通販は不安なので事前に口コミを参考にしたいという方は多いでしょうが、多くのレビューがWEBには溢れ返っています。
レビューといえば楽天やアマゾンがまず思いつきますが、そういったサイトに書き込まれている口コミ・レビューの他、私の知る限りでも、蟹通販についてまとめたサイトは数十を下りません。
ここまで多いと、役に立つ情報を取捨選択するのも大変です。
そんな中で、何を参考にすればいいのでしょう?口コミにはいい加減な内容やヤラセも多いです。
口コミばかりではなく、業者の実績によって選ぶほうが賢い選択といえます。
それなら個人の主観に左右されない判断ができるでしょう。
蟹の魅力を十分に引き出すためには、調理の手順などにも気を遣う必要があります。
色々な食べ方がありますが、茹でるのは基本なので、茹で蟹の基本的なやり方を把握しておくことが肝要であるといえるでしょう。
蟹を茹でる際に、まず押さえるべきポイントは、小さい鍋ではダメで、出来る限り大きめの鍋を用いることです。
蟹の全部がまるごとお湯に浸かるようにするのがポイントです。
そうすれば、蟹を茹でるのが初めてでも上手くいくでしょう。
外れのないおいしいかにを食べたいと思うなら、ブランドがにの中から探してみるというのもありですよ。
ブランドがにの目印として、必ずどこかにブランド名が記されていて、そのかには、特定地域の漁港から送られたかにであることの明確な表示です。
言うまでもなく、それが味の保証となっているので、自信を持って産地を表示し、一つのブランドを打ち立てたのです。
加工していない冷凍かにだとかなり大きいので、外に出しておけば解凍できると思う方もいるらしいですが、おいしく冷凍かにを食べたいと思うなら解凍に手間ひまをかけるのが正解です。
かにを上手に解凍するコツとしてまず行ってほしいのはいきなり暖かい室内に出すのではなく冷蔵庫に入れて解凍することです。
これをきちんと守れば差は歴然なので、手を抜かず行ってください。
蟹の種類の一つである渡り蟹。
正式名をガザミという、内湾に生息する大型の蟹で、かつては東京湾でも獲れたそうです。
現在では有明海や瀬戸内海など浅い内海に分布しており、底引き網や刺し網で漁獲されます。
最高級品は甲幅30センチにも達する、かなり大型の蟹であり、最高の美味として知られるメスの卵巣のほか、身肉や蟹ミソも大変美味しいことから、各地で食用蟹の代名詞として愛されてきた歴史があります。
渡り蟹は調理法の多彩さでも知られ、塩茹でにしたり蒸したりする方が多いようですが、パスタや味噌汁など様々な料理に活かせる万能の蟹といえます。
おいしいタラバガニを選んでいますか?選べるなら、オスの方がおいしいのです。
雌は、栄養を卵に費やして産卵するのでこれぞタラバガニと言うべきおいしい脚肉を食べたければ雄を選ぶべきですよね。
これも通販では難しいですが、甲羅の中央部にある突起の数に注意してください。
本物のタラバガニなら、突起は6つあるはずで、万が一、突起が4つしかなければ、それはアブラガニなのです。
タラバガニと信じて買わないでください。